大人の体調管理は何をどうすればいいの?【解決策は全て睡眠にあり】

大人の普段の体調管理・体調不良でお悩みの方。

まずなにをすればいいのかよくわからないまま毎日過ごしていませんか?

ちなみに基本の睡眠はきちんと取れていますか?

睡眠は体調管理の基本中の基本。

現代社会に生きる大人には睡眠をはばかるストレスなどが知らないうちにかかっているのかもしれません。

大人の体調管理は何をどうすればいいの?【解決策は全て睡眠にあり】

睡眠の質をあげる事が体調管理につながる

ものすごくシンプルで体調の悪い時には睡眠が一番。

この睡眠の質を上げる事により体調管理もしやすく、毎日ベストな状態に近づけることができます。

ただそれはわかっているけどなかなかできないのが今の時代。

働く時間もバラバラで規則正しい生活とはかけ離れてしまっています。

睡眠の質を上げるための一般的な方法

①夕食は就寝3,4時間前までに、入浴は就寝2時間前までにする

よく寝る準備を早めからしておくのがいいと聞きます。

夕食・入浴は早めに済ませて寝るモードを作る。

②寝る前にスマホ、テレビなどは使わない

ブルーライトなどが脳を覚醒させてしまうので

早めから見ないようにする。

③ホットミルクを飲む

眠れない時には気持ちが落ち着くようなものを。

昔からよくホットミルクを飲んで眠れるモードにしてました。

④アルコール、カフェインの摂取を控える

アルコールなどは適量なら眠りにつながるかもしれませんが

カフェインは寝れなくなるので摂取しないようにしましょう。

⑤ストレッチをする

カラダの血行を良くして、筋肉の緊張をほぐすのも効果的です。

運動不足な現代人には毎日できるストレッチなんかは習慣にしたいです。

⑥アロマ、めぐりズムなどを使う

香りも一定の効果があります。

めぐりズムなどは目の周りを温めてくれるのでリラックスできます。

⑦眠れる音楽を聴く

ヒーリング音楽やアルファ波などの出やすい音楽で

リラックスできるものを選ぶのが良いですね。

自分に合ったものを探すとより効果は高まりそう。

⑧朝の光を浴びて起きて、生活リズムを整える

生活リズムを朝方にするために朝きっちり起きて、夜しっかり寝るというリズムを整える。

本来人間の本能として陽が昇ったら起きて、陽が沈んだら寝るが当たり前。

現代ではそれも当たり前にできないです。

病院などでは光療法もあります

病院では昼夜逆転や睡眠リズム障害の改善のために高照度の器具で治療。

リズムを元に戻してくれます。

朝きっちり起きて太陽の光を浴びればリズムも戻りますが

今はそれを高照度のライト付きの目覚ましでリズムを整えて

睡眠の質を上げてくれるのが赤ちゃんの寝かしつけから大人まで、睡眠環境を整えるトトノエライト。

寝る前と起きる前に使うだけなので、自宅にて簡単に使うことができます。

朝は白色LEDで覚醒して起きる、よりは赤白色でおやすみモードへ。

まさに赤ちゃんから大人まで使える話題の時計です。

大人であれば睡眠のリズムを整えて睡眠から体調管理、

子供であれば朝方の生活に慣れるために生活リズム改善も期待できそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA