食品衛生責任者の資格取得。資格の取り方、申込~講習までの内容紹介

食品衛生管理者とは?

飲食店営業、調理機能を有する自動販売機、食肉販売業、魚介類販売業など

幅広い分野で必要な資格。

意外に必要な場面が増えて需要は高まりつつあります。

今回は資格の取り方、申込み~講習まで

取得までの内容を紹介します。

kappi
kappi

需要も高まっているこの資格。人気なので早めがおすすめ!

こんな人におすすめです!

○食品に関わる仕事をしている方

○急に資格が必要になった方

○今後、飲食系に就職を考えている方

食品衛生責任者の資格取得。資格の取り方、申込~講習まで流れを紹介

こういった職業には必要な事が多い資格。

飲食関連が多いですね。

○飲食店を開業予定

○飲食店

○食品加工会社

飲食系の職業には資格は有利になる場合があるようです。

「食品衛生責任者」と「食品衛生管理者」の違いは?

食品衛生責任者と思ってたら

「食品衛生責任者」と「食品衛生管理者」

2個ある・・・。よくわからん。

「食品衛生責任者」と「食品衛生管理者」って何?

kappi
kappi

似ているけど何が違うのかよくわからん

「食品衛生責任者」とは

食品販売や製造を行う全ての事業所において配置しなければいけない有資格者。

この資格は、自治体が管轄する公的資格です。

営業許可の更新時に、実務講習の受講が必要。

「食品衛生管理者」とは

食品衛生法によって定められた特定の食品加工や

添加物製造を行う事業所において施設ごとに配置しなければいけない有資格者。

厚生労働省が管轄する国家資格。

申込み方法

最寄りの食品衛生協会(最寄りの保健所内)で「受講申込書一式」を入手。

「講習会受講申込書」に必要事項を記入のうえ、最寄りの食品衛生協会に提出してください。

最寄りの郵便局へ「代金(受講料等)払込書」を持参し、代金12,000円をお振込みください。※代金12,000円(税込)の内訳(受講料:10,000円 教材2,000円)
※「代金払込書」のご依頼人欄に、お振り込みされる方の「住所」「氏名」「連絡先電話番
号」、通信欄に、「受講日」 「会場名」「受講者名」を明記してください。
※振込手数料は申込者負担となります。
※領収書は発行しておりません。
「払込受領書」が領収書となりますので、紛失されないようご注意ください。
講習会開催日の2週間前までに、申込みと代金振込の両方が完了している必要があります。
なお、会場が定員になり次第、締め切らせていただきます。
いったん振り込まれた受講料は、キャンセル・当日欠席されても返還いたしませんのでご了承ください。申込み・振込みされた方へ講習会開催日の2週間前から順次、受講案内ハガキを発送いたします。※受講申込み・代金振込をしたにもかかわらず、講習開催日の3日前になっても受講案内ハガキが届かない場合は、お手数ですが申込先の食品衛生協会へお問い合わせください。
※講習会当日、会場へ受講案内ハガキを持参し、受付をおこなってください。

申込みから受講まで

調べて見たのですが

講習会が人気で結構埋まってました。

というか直近で受けれるものがありませんでした。

なので講習を受けに行けるのが最短で12月。

申し込んだのは8月。かなり人気の資格のようです。

申込みは早めにしましょう!

講習日程

こんな感じの講習日程になるようです。

8:30 ~8:50受付
8:50 ~9:00オリエンテーション
9:00 ~12:00衛生法規
12:00 ~ 13:00休 憩
13:00 ~ 14:15食品衛生学 I
14:15 ~ 15:30食品衛生学Ⅱ
15:30 ~ 16:00公衆衛生学
16:00 ~ 16:30確認試験
16:30 ~ 16:40修了証交付

さて講習に行ってきました

9時から講習会始まりました。

前半は衛生法規。

食品衛生法などの法律や制定までの背景などを学びます。

直接は関係なさそうな内容ですが

全体像を知っているのは非常に重要。

後半の食品衛生学は結構おもしろかったです。

食中毒の種類や防止方法、施設整備の管理や消毒など。

どちらの項目も詳しく知らなかった内容なので楽しく学べます。

食品衛生学Ⅰの担当の方の話が興味深く参考になったので

その話も追記します。

おすすめだった話「ドベネックの要素樽」

「最も不足している要素によって

樽に貯められる量が決まる」という内容。

不足している部分が

全体の足を引っ張ってしまうって事なんです。

なんで紹介したのかというのは

衛生管理は関わるスタッフに

大事な情報を理屈と一緒に伝える

そして

全てのスタッフが、完全に理解して始めて効果を発揮します。

例えばスタッフが5人いた内

1人でも理解が低いと樽の構成している1枚が低いため水がどんどん流れる。

それが衛生管理の全体能力を下げてしまうという事なんです。

シンプルでわかりやすくて重要な話です。

チームなどで行動するのは仕事ならどこにでもある話。参考になると思います。

kappi
kappi

すごく勉強になる考え方だし、わかりやすい

おすすめだった話「牡蠣とノロウイルスの関係」

人間がかかったノロウイルスの菌が下水から流れて海へ。

それを牡蠣などの二枚貝がため込むために食中毒になりやすいようです。

それを人間が食べるからまたなるという連鎖。

ため込んでいるところを取り除けばいいじゃんって話なんですが

その場所があの牡蠣の1番美味しいぷりっとした中の緑の部分。

これ取り除いたら美味しくないよねって。

85℃以上で死滅するらしいのですが

調理法で85℃以上までいくにはフライがいいらしいです。

実験で牡蠣フライを180℃で2分揚げたら菌がいなくなりました。

おすすめらしいですw

kappi
kappi

ただ受講するのプラスこんな話もあればもっと興味は出ますよね

確認試験の内容

試験に関しては心配しなくてもいいです。

点数が悪いから資格もらえませんとかはないです。

普通に最初から聞いていれば分かる内容ですが

ひっかけ問題もあります。

調べてもいいのですが聞いてないと探せないかも。

ってか聞いていて答えの場所が分かっても

ひっかけがありますから要注意ですw

まとめ

食品関連の就職やチェーン店などいろんな場所で

この資格は必要になる場面があるようです。

タイミングによっては受講までに

時間がかかる場合があるので要注意です。

非常に勉強になりました

食に関するものなので生活の一部です。

少しでも安心、安全な食事ができるように

普段の生活から少しずつ見直しします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA