メンズミニマリストの冬のアウター3着【アウター、適正数教えます】

「メンズミニマリストは冬はどんなアウターを選んでいるの?」

「もしかしてアウターの数も1枚なの?」

メンズミニマリストは

冬にどんなアウターを着ているかの疑問に答えます。


長年、整理や有名ミニマリストさんの書籍を数々読み、

ファッションもいろんなジャンルを今まで着てきました。

今はミニマリストの活動をしています。

その中で厳選したアイテムを紹介します。

メンズミニマリストの冬のアウター3着【アウター、適正数教えます】

メンズミニマリストとはいえ、人それぞれ。

「ミニマリスト」の基準も違ってきます。

自分も場合は「おしゃれ」×「ミニマリスト」を目指しているので

その基準で選んでいます。

「アウターの数は1枚しかない」が正解ではないと思います。

なぜならそれぞれ環境も違うし、趣味嗜好も違うので。

ファッションの観点からなら「自分の好きな物を着て欲しい」。

ミニマリストの観点からなら「最小限のもので着回せる範囲の量」。

この2つをクリアできる自分なりの枚数でOK。

こんな感じという参考にしていただけたら幸いです。

①snowpeak「フレキシブルインサレーションカーディガン ブラック」

もし1枚しか持てないってなったら迷わず選ぶのは

この snowpeak「フレキシブルインサレーションカーディガン ブラック」

snowpeakとは?

スノーピーク(Snow Peak)は日本のアウトドアメーカーであり、そのオリジナルブランド。使命を“人間回帰”という言葉で表現しており、“他にないものづくりから生まれた製品を使う人々が、自然に深く包まれることで人間らしさを取り戻すこと”、“その喜びを知る人を、一人でも多く増やすこと”を、「人生に、野遊びを。」のスローガンのもと、キャンプ場にとどまらず、都市や住宅、さらにはオフィスにまでその志が届くようなアイテムを展開している。

https://www.fashion-press.net/

スノーピークはキャンプメーカー。

新潟のメーカーで自分も新潟に住んでいるので

キャンプ用品もできるだけ地元の物をと思い選んでいます。

「人生に、野遊びを」のスローガンも共感できますね。

もちろん地元が一緒というだけではなく、キャンプギアとしても超優秀。

snowpeak「フレキシブルインサレーションカーディガン 」とは?

生地、中綿、糸、すべてがストレッチする快適な着心地、コーディネートするアイテムを選ばないソリッドなカラーリング、さらにはシリーズで集めたくなる多彩なデザインバリエーションにより、ブランド立ち上げ当時から人気のシリーズです。表地のベースには「Primeflex®」というしなやかなストレッチ性を持つ高機能素材を使用。表面には耐久撥水加工を施しているため雨でも保温性を下げることなく快適に過ごすことが可能です。裏地には帯電防止加工をしたニット生地を採用。アクリルコーティングでハリ感、防風性をアップさせています。

https://ec.snowpeak.co.jp/

このフレキシブルインサレーション。

夏以外は全部いけると思います。

1枚でも適切な温度に保ってくれるから、これ1枚で完結できます。

仕事でもプライベートでも1年これでなら過ごせそうです。

もし寒かったらインサレーションを下に着て

上からもう1枚コートとかのパターンも全然あり。

キャンプでもよく使っているのでプルオーバータイプもありますが

カーディガンタイプの方が着脱するのも楽なのでおすすめ。

>>snowpeak「 フレキシブルインサレーションカーディガン ブラック 」

>>山井太「スノーピーク「好きなことだけ! 」を仕事にする経営 」

>>山井梨沙「FIELDWORK─野生と共生」

snowpeakのホームページはこちら↓

②snowpeak「FR(ファイヤーレジスタンス)ダウンジャケット オリーブ」

長年愛用しているのがこのダウンジャケット。

新潟は寒いのでどうしても1枚じゃ寒い時が

多々あるのでダウンも1つ持っています。

難燃性にこだわったFR(fire resistance)シリーズのダウンジャケット。表地に軽量でタフさと難燃性もあわせもつアラミド繊維を織り込んだリップストップ生地を使用。耐久撥水に加え防風機能もプラスされ、より街でもフィールドでも心強い1着になりました。また、脇部分のポケットも保温性抜群です。

https://ec.snowpeak.co.jp/

キャンプの時にも使うのでこの難燃性の高いダウンジャケットを使っています。

焚き火あいていると結構火の粉が飛んで穴が開いたりもすることもあるので

このダウンは重宝しています。

暖かすぎるで中はカットソーなどで十分。厚着しちゃうと汗かくくらいです。

>> snowpeak「FR(ファイヤーレジスタンス)ダウンジャケット オリーブ」

このスノーピークのTAKIBI TAKIBI Down Coatも気になってるー。

>>snowpeak「TAKIBI Down Coat」

HELLBENDERS&CO×DAY WORK&COMPANY TOKYO×NAPA 「コーチジャケット」

HELLBENDERS&CO×DAY WORK&COMPANY TOKYO×NAPAの

トリプルコラボのコーチジャケット。

DAY WORK&COMPANY TOKYO 数量限定で発売され完売。

ちょっと出かける時に羽織ったり、

パーカーと合わせてカジュアルスタイルにと幅広く使えます。

ローカルで作っているものでもかっこよければ全然取り入れます。

自分の基準で着たいものが1番ですね。

メンズミニマリストの冬のアウター3着いかがでしたでしょうか?

「自分の考える基準で選ぶ事が重要」だと思うので

おしゃれとミニマムの中間で自分で心地のいい枚数を持っているといいと思います。

多すぎるのは管理も大変。

MAX3着くらいを目標にTPO全てに対応できる最小限アイテム数で

ワードローブを組んでおしゃれにそしてミニマムに生きましょう。

ミニマリストファッション参考書籍も紹介

>>干場義雅「これだけでいい男の服」

>>大山 旬「服が、めんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める」

>>ミニマリストTakeru「月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA