ミニマリストの子供の育て方【おもちゃやプレゼントはどうしてる?】

「ミニマリストだと部屋に何もなくて子供がかわいそう」

「ミニマリストで子供ができたらもうミニマリストはできないの?」

子育てなどに対していろんな意見、疑問があると思います。

その疑問にお答えしていきます。

昔から整理や有名ミニマリストの書籍を数々読み、

長年いろんなジャンルのファッションを着てきました。

今は個人としてもミニマリストの活動をしています。

ミニマリストの子供の育て方【子供がいてもできるミニマリスト方法】

子供が育つ環境はとても重要です。

なぜなら家にいる時間は1日のほとんどだし

その家での生活によって、個性などが形成されていくためです。

いろんなパターンから考えてみましょう!

ミニマルな生活が子供に与えるもの

ミニマルな生活が子供に与えるものはたくさんあります。

全てに関して答えはなく、よりよく考えて親が作ってあげるのが一番。

ミニマリストならばそれが子供にプラスになるように工夫すればいいだけです。

子供がいてもミニマリストなれるのか?

結論から言うとなれると思います。

なぜならミニマリストの完璧度が100%としたら、その基準を少し下げたりして調整可能だからです。

【体験談】子育てとミニマリスト

自分の場合は子育ての最中(保育園まで)はミニマリストの基準をかなり下げました。

子供のグッズなどは必ず増えるのは間違いないです。

そのグッズは子供に必要なものなので増えていけばグッズ10%、ミニマリスト90%。

そんな感じで比率を変えていました。

大体でいいので部屋に対してどのくらいの量になるかを見てパーセンテージを決める。

その範囲内はOKという基準にすればミニマリストにストイックでも納得できると思います。

単純に子供がいれば必然的にミニマリストは優先順位は2番目。

子供がすくすく育つを優先して、隙間でミニマリストさせてもらいますーくらいの

スタンスくらいが当たり前。

全然ミニマリストは可能だと思います。

知的好奇心が育ちにくい

「片付けられていて子供の五感を刺激しない家は、知的好奇心が育ちにくい」

という話はよく聞きます。

自分もそれはちょっと気にしていましたので

結論として子供のいる部屋は保育園までの期間はフリーにしました。

【体験談】子供のいる部屋はフリーにしました

子育て中に何もない部屋っていうのはなかなかないと思いますが

うちは思い切ってフリーにしました。

やはり子育てって大変なので

少しでも楽になるようにを優先してグッズなども配置。

遊び道具やマットなど安全面のものなども全部優先。

もう子供を育てる部屋はフリーで必要なものは置いていました。

ミニマリストだけど優先すべきは子供。

好奇心旺盛でいろんなものに興味を持てるようにはしていました。

【関連本】

>>「子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力」

>>「考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365 オールカラー」

>>「日経Kids + 感動と驚きがいっぱい! 自然体験が育む子どもの知的好奇心こそ地球の未来をつくる」

子供部屋の片づけ

子供部屋に関しては保育園、小学生になっても

まだ自分の部屋という概念はあまりなく、

使っていなかったので物置のような感じでした。

小学生になってからは物が増えていく一方になるので

自分の部屋で収納場所のみを決めてしまい、

そこに入る分だけしか持てないという形で片付けをしてもらっています。

片付けの習慣がつく

さっきの子供の部屋の片づけにもつながりますが

常に片付けを意識させていくと段々慣れてきて

率先して片付けをしてくれます。

片付けの方法って学校が教えてくれると思いがちですが

最低限くらいしか教えないので、実質片づけ方法は誰も教えてはくれません。

なので家でしっかり教える事によって多少物があっても散らからない。

すごく大事な事なのでおうちでもしっかり教えるのをおすすめします。

【関連本】

>>「学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓」

>>「子どもが片づけしたくなる104のアイディア」

>>「10歳までに身につけたい 子どもが一生困らない」

>>「おやくそくえほん: はじめての「よのなかルールブック」」

子供と一緒に整理整頓

子供に片付けを教える際には必ず教えた内容に関して

なんでこうやって片づけるのかをきちんと教えてあげてください。

内容を知ると「なるほど!」って思い、覚えやすいです。

あと一緒に片付けをしてあげましょう。

一緒に片付けをすることで片付けのゴールまで導いてあげます。

ゴールを共有していくと、ここまでできてゴールなんだなと理解していきます。

楽しみながら片付けができるようにしましょう。

(かなり思い出の品が出てくると脱線するので要注意w)

【関連本】

>>「学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓」

>>「子どもが片づけしたくなる104のアイディア」

>>「10歳までに身につけたい 子どもが一生困らない」

>>「おやくそくえほん: はじめての「よのなかルールブック」」

リビングで勉強して片付けまで

小学生になっても自室ではなく、リビングにて勉強しています。

リビングだと家族の目もあるので気を抜いたりせず

一気に宿題なども終わります。

宿題が終わった後は机の物を片付け、学校の準備などまで終了までを

1つの流れにしていて毎日同じルーティンです。

なのでリビングを使っても、きちんと片付く。

結構メリットしかないのでリビングで勉強もありです。

【関連本】

>>「学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓」

>>「子どもが片づけしたくなる104のアイディア」

>>「10歳までに身につけたい 子どもが一生困らない」

>>「おやくそくえほん: はじめての「よのなかルールブック」」

なければないである遊びをします

部屋が片付いていて何もなくても

子供は自分たちで考えて遊びます。

ゲームはありますが季節に合わせて

プールをしたり、雪遊びをしたりいろんな遊びをします。

とにかく興味のあることはなんでもやってみて

もっと興味があるなら深く潜れって言ってますw

まずは自分はなにが楽しく感じるのかをいろいろ試して

その中から選ぶようにしているので

結構いろんなものや体験はさせている方かと思います。

【関連アイテム、関連本】

>>「シェイプキューブ gymterior (ジムテリア) 【公式】トランポリン CM放映中 室内用 インテリア 静音」

>>「10歳からの学力に劇的な差がつく 子どもの脳を育てる「運動遊び」」

>>「映像で見る主体的な遊びで育つ子ども あそんでぼくらは人間になる (見る・読む・わかるDVD BOOK)」

>>「遊び・育ち・経験──子どもの世界を守る (シリーズ・子どもの貧困2)」

まとめ

ミニマリストだからこそ他の人には

教えることのできないこともあるかもしれません。

ミニマリストのメリットを活かしながら子供ものびのび育てましょう。

自分が子供に教えるのは

最低限の学歴、体験をなんでもしてみる、好きなものはさらに深く掘り下げる。

今の世の中、学歴よりも大事な能力がたくさんあると思います。

どちらかというとそっちの方を自分は優先しています。

そして元気に毎日過ごしてくれれば最高ですね。

ミニマリストのジャンルごと記事まとめ!【随時アップデートします】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA